クレジットカードはどのような審査があるのですか?

クレジットカードは、お客様の代わりに商品代金の一時的に立て替えるものであるため、その代金を回収できなければ、カード会社では損をしてしまいます。
そのため、お客様の支払い能力の有無を確認した上でカードを発行しています。
審査の基準は、カード会社ごとに異なっていますが、18歳から60歳の方で、安定した収入があれば、ほとんどの場合審査に通ります。
まず、カードを発行するにあたっては、年収、勤続年数、居住年数については、一定の基準が設けられており、それを満たさなければ審査に通過できないと言われています。

●年収
収入がなければクレジットカードを作ることはできません。
ただし、親や配偶者の家族カードであれば作れるかもしれません。
派遣社員やアルバイトでも安定した収入があれば問題なくカードを作ることができます。

●勤続年数
勤続年数が数ヶ月である場合、カードを作ることは難しくなります。
上場企業の社員や公務員として長く勤めていれば、審査に落ちることはまずないでしょう。
また、自由業の方は、突然仕事がなくなることも考えられるため、カード会社によっては審査に通りにくいかもしれません。

●居住年数
引越して1年未満の場合、審査に落ちることもあります。
というのは、引越してから1年未満の方に支払トラブルが多いからです。
ただし、家を購入した場合、購入後1年未満であっても、審査に影響しないとのことです。

これは最も重視されることですが、クレジットカードや消費者金融などで、過去に何らかの返済トラブルを起こしたことがある方は、審査に落ちるケースが多くなっています。
それから、携帯電話料金の支払状況もチェックされ、支払い遅延をたびたび起こしていると、審査に落ちる可能性が高くなります。
携帯電話料金の支払トラブルも信用情報機関の情報に登録されてしまいますので注意してください。
お金のことでトラブルを起こすと、クレジットカードだけではなく、将来、住宅ローンを組めなくなってしまいます。
なお、プリペイド型のクレジットカードは審査がありません。

Copyright (C) お得な支払い方法 All Rights Reserved.