クレジットカードの家族会員の口座は別に出来ますか?

まず、結論から先に言えば、基本的にクレジットカードの家族会員の使用分は、本人のカードに合算されるため、本人名義の口座からの引き落としとなります。
本来、クレジットカードは、申込者のみが使用できるという決まりになっており、本人以外が使用することは禁止されています。
しかし、収入のない主婦はクレジットカードを作ることができないため、家計を共にする夫名義のクレジットカードで生活に必要なものを購入できれば、ポイントを貯めやすくなると考えている方も多いようです。
このような要望に応えるために、カード会社では家族カードを発行しています。

家族カードは、クレジットカード会員の本カードの付属的な存在となるカードです。
この家族カードの発行を申請できるのは、本会員だけです。
クレジットカード会社では、申込者の属性を審査したうえで、家族カードを発行します。
家族カードは手数料なしで発行でき、年会費も無料か、本カードの半額ぐらいに設定されています。
そのため、家族が別々にクレジットカードを持つよりも維持費が安くすみます。

そして、家族カード発行の対象は、会員と同一の生計を営んでいる家族となります。
配偶者には問題なく発行できますが、子供の場合は年齢制限があります。
また、兄弟へのカード発行は認められないことが多くなっています。

家族カードの利用代金は、本カードに合算されます。
そのため、申込者は家族のカードの利用状況をチェックすることができます。
そのため、ポイントも本カードに付与されるため、一家で効率よくポイントを貯めることができます。
そして、家族カードの支払いは本カードに合算され、申込者の口座から一括で引き落とされます。

クレジットカードの支払いは、会員が行うと決められているため、付属カードである家族カードの支払いも本人が行うことが原則となっています。
配偶者や子供がカードを使っても、本人が支払わなければなりません。
しかし、近年は、家族カードの支払いを、別々の口座に設定することを認めている会社もあります。
ただし、手続きが煩雑であったり、手数料を取られることもあります。

Copyright (C) お得な支払い方法 All Rights Reserved.