病院でもクレジットカードは使えますか?

現在、大手病院や大学病院などでは、医療費のクレジットカード払いが可能となっています。
また、中には、小児科、耳鼻科、眼科、歯医者など、小規模の病院や診療所などでも、クレジットカード決済を導入するところが増えてきています。
近年は、経営が苦しくなってきている病院が多いため、クレジットカード決済に対応することで、患者さんを増やそうとしているのです。
クレジットカード決済に対応することで、現金払いしかできなければ受診をためらうという方やクレジットカードでポイントを貯めたいという患者を自分の病院へ集客しようとしています。

特に手術などを受けると、まとまったお金がかかりますが、この場合クレジットカードを使えると便利です。
また、出産費用も高額であるため、クレジットカード払いに対応している産婦人科があるとありがたいと考える方もいるでしょう。
また、支払いを分割払いにし、一時金などが出たら、残金を一括返済することも可能です。
もし、妊娠が発覚した場合、クレジットカードに対応している産婦人科をネットで調べ、その病院を受診するという方法もあります。

もちろん、出産費用や医療費をクレジットカードで支払えばポイントが付与されます。
高額な医療費をカード払いすれば、かなりまとまったポイントが貯まるでしょう。

出産費用は30万円以上かかりますが、これをクレジットカードで支払おうとしたとき、利用限度額が不足していることもあるでしょう。
この場合、クレジットカードの臨時増枠により、利用限度額を増額してもらうことも可能です。
クレジットカードの裏面に記載されているサポートセンターに電話をかけ、出産費用のために一時的に利用限度額を増やして欲しいと言えばよいのです。
過去に返済トラブルを起こしていない限り、ほとんどの場合、利用限度額を引き上げてくれます。

出産費用をクレジットカード払いすれば、まとまったポイントが得られますので、ポイントを使って子供用品などを購入することができます。

Copyright (C) お得な支払い方法 All Rights Reserved.