一目置かれるクレジットカードは持ちたいものなのでしょうか?

クレジットカードには一般のカードと、一定以上の属性が認められた方のみが持てるゴールドカードやプラチナカードといったステータスカードがあります。
もちろん、カードの種別に関係なく、ショッピングで利用でき、会員ならではの優待サービスも受けられます。

しかし、ゴールドカード以上のステータスカードに憧れる方は意外に多く、精算の場などでも、他人が所有しているクレジットカードがゴールドであるか否かを、チェックしているとのことです。
また、ある調査によると、ステータス感に憧れて、ゴールドカードを所持するようになったという方も多いようです。
ゴールドカード以上のステータスカードは、年会費も万単位と高めになっているのですが、それでも年会費が無料の一般カードより、年会費が高くてもゴールドカードと考える方が多いようです。

そして、ゴールドカードを持つメリットといえば、旅行傷害保険の補償が手厚いことでしょう。
一般カードでは海外旅行保険が付いていないか、もしついていたとしても最高1,000〜2,000万円の補償となっていますが、ゴールドカードは最高で5,000万円〜1億円の国内と海外の旅行傷害保険が付いてきます。
ゴールドカードの場合、それ以外の入院やケガに対する補償が充実しているので、旅行へ頻繁に出かけるのなら持っていたいい一枚です。
また、大手クレジットカード会社では毎月会員向けに抽選会などを行っていますが、ゴールドカード会員の方が当選率は高いようです。

それからゴールドカードは利用限度額が高いこともメリットの一つとなっています。
ゴールドカードの会員になると100万円以上の利用限度額を設定してもらえますが、大きな買い物をする場合に増額を申し出ると、簡単に限度額を引き上げてくれるとのことです。
これも、ゴールドカード会員としての信頼性によるものであるのかもしれません。

会費は高くてもゴールドカードを所持するという特別感を味わいたいという方が多いようです。

Copyright (C) お得な支払い方法 All Rights Reserved.