クレジットカードとカードローンの違いは?

クレジットカードは、ショッピングなどの支払いをカード会社が一時的に立て替えることを目的とするものですが、キャッシング枠というものも付いており、お金を借りることができます。
お金を借りることを目的とするものにカードローンというものがありますが、クレジットカードとカードローンにはどのような違いがあるのでしょうか?

まず、何らかの事情があって、まとまったお金を借りたいのであれば、カードローンを利用した方が良いでしょう。
カードローンには、銀行系、消費者金融系などがありますが、特に銀行系のカードローンは低金利でお金を借り入れることができ、長期にわたる返済も認められています。

カードローンは、お金を貸すことを目的とするカードで、クレジットカードのキャッシングより金利が低めで、返済額や返済期間にある程度融通をきかせることができます。
そのため、現金を借りることを目的としているのであれば、カードローンを申し込みましょう。

一方、クレジットカードのキャッシングは、カードローンに比べて金利が高くなっており、限度額も低めに設定されています。
そのため、たとえ10万円程度の借入であっても、金利がかなり高くつき、返済を続けてもなかなか残高が減らないこともあるようです。

そうは言っても、クレジットカードのキャッシングは、急な出費で一時的に数万円ほど借り入れる場合は非常に便利です。
また、借り入れの限度額が高く設定されているのであれば、カードローンとしての利用も可能ですが、どうしても返済時に負担が重くのしかかってしまいます。
もし、頻繁に借り入れをするのであれば、カードローンを申し込んだ方が良いでしょう。

つまり、カードローンは現金の借入、クレジットカードは買い物での利用と役割がほぼ決まっています。
そのため、クレジットカードとカードローンの両方に申し込んでおけば、いざという時に柔軟に対応できるでしょう。
このように、カードはそれぞれの性質によって役割がきちんと決まっているのでその点を考えながらカードを作ると良いでしょう。

Copyright (C) お得な支払い方法 All Rights Reserved.