クレジットカードでマイレージをためるにはどうしたらよいですか?

マイルを効率よく貯めたいのであれば、航空会社のクレジットカードを作ることが一番です。
ANAやJALと提携のカードは多数発行されており、100円の利用で1マイルが貯まるようになっています。
飛行機で旅行や出張する機会が多い方は、自分が良く利用する航空会社と提携しているクレジットカードを持つと良いでしょう。
ANA系のカードの場合、「ANAカードマイルプラス対象店」を、JALの場合、「JALカード特約店」を利用することで、マイルの積算率も高くなります。

特に、JAL CLUB-Aカード、ANAアメリカン・エキスプレス・カードなど、ワンランク上のクレジットカードを持つと効率よくマイルが貯められます。
カードの年会費は高めになっていますが、マイル積算率が高く、ボーナスマイルが付与されることもあるため、マイルが貯まりやすくなっています。
また、旅行障害保険やショッピング保険、空港でのチェックインがスムーズである、提携ホテルや免税店で優待割引が受けられるなど、サービス内容も充実しています。

なお、航空会社系のクレジットカードを持たなくてもマイレージを貯める方法があります。
現在は、一般のクレジットカードでもポイントをマイレージに移行できるものが多くなっているため、公共料金、日常の買い物、旅行など、出来るだけカード払いをすることでマイレージを貯められます。

JAL提携のクレジットカードは1マイルが1.2円、ANA提携のクレジットカードは1マイルが1.25円の価値があります。
貯まったマイルをクーポン券と交換する場合、JALでは、1万マイルは1万2千円相当の航空券と、ANAでは、1万2千マイルで1万5千円相当の航空券と交換できるとのことです。
また、特典航空券や長距離マイナー便であれば、1万5千マイルで、9万円相当の航空券と引き換えに出来る場合もあるとのことです。
このようなことを考慮すれば、クレジットカードを出来るだけ使用して、マイルを貯めるとお得になるということが分かります。

Copyright (C) お得な支払い方法 All Rights Reserved.