公共料金をクレジットカードで支払うことは出来ますか?

公共料金は、現金での支払いが原則となっていましたが、近年は、電気、ガス、水道、国民年金、税金、新聞などの公共料金のクレジットカード払いに対応する団体や、企業が増えてきています。
これらの公共料金をクレジットカード払いにすることで、効率よくポイントを貯めていくことができます。
公共料金は必ず支払わなければならないものであるため、1年分になると、かなりまとまった額になるのではないでしょうか。

また、ポイントの付与率が高いカードで支払ったり、利用金額に応じてポイント付与率が高くなるカードを使用すると、たくさんのポイントを貯められます。
そして携帯電話やインターネットプロバイダの料金をカード払いにすると割引が適用されることもありますので、お得になります。

公共料金をクレジットカード払いに一本化することで、払い忘れもなくなります。
ほとんどの方は、公共料金を口座振替にしていると思います。
口座振替であっても自動で引き落とされるため、支払いの手間が省けますし、払い忘れもなくなるのですが、それぞれ引き落とし日が異なっているため、うっかりして入金を忘れてしまうと、残高不足で引き落とし不能になることもあります。

クレジットカード払いにすれば、決まった日にカード利用分として引き落とされます。
そのため、利用明細に記載されている金額を用意して、毎月1回だけ銀行に預け入れるだけでよいため、より手間が省けます。
また、公共料金をまとめてクレジットカードで支払うことで、クレジットカードの利用明細に項目と金額が記載されるため、家計簿代わりに公共料金の額を管理できます。

現在のところ、インターネットのプロバイダ料金などはクレジットカード払いを原則とするところが多いのですが、ガスや水道など、クレジットカード払いに対応していないものもあります。
そのため、自分が普段利用している公共料金はカード払いができるのかどうか確認しましょう。

Copyright (C) お得な支払い方法 All Rights Reserved.