クレジットカードのリボ払いとは何ですか?

クレジットカードのリボルビングとは、利用限度内であれば、何度利用しても、毎月の返済額が一定になる方式のことです。
クレジットカードには、分割払いという方法もあります。
この場合、1回の利用額に対し、2回以上に分けて返済していきます。
分割払いを選んだ場合、購入額に利息を加えた合計額を、支払い回数で割ることで、1回の返済額を割り出します。

一方、リボルビング払いにおいては、クレジットカードの合計利用額に対して、毎月決まった額を支払っていきます。
リボルビング払いであれば、クレジットカードで買い物をし過ぎてしまった場合も、まとまった額を請求されず、支払額は毎月一定となります。
ただし、支払い期間が長くなってしまうと、その分だけ利息が膨らみますので、注意してください。

また、リボ払いの場合、経済的に余裕があれば、多めに返済することができますし、繰り上げ返済も可能です。
分割払いの場合、全額返済は可能であっても、一時的な増額に対応してもらえないこともあります。
一方、リボ払いは、ライフスタイルに応じて、支払い方法を変更できることがメリットとなっています。

このように、リボルビング払いにはいくつかメリットがありますが、その反面、デメリットも存在します。
リボルビング払いは便利な方法ですが、クレジットカードを使い過ぎると、いつの間にか支払い残高が多額になっていたということもあります。
支払い残高が多くなれば、利息も高くつくようになり、毎月返済しても支払い残高がなかなか減らなくなります。
そのため、リボルビング払いを利用する場合、支払い残高と利息支払期間をきちんと把握しなければなりません。

リボルビングの場合、毎月の返済が一定額になるというメリットがありますが、返済が長期にわたると、利息が高くついてしまい、トータルの返済額も高額になります。
このようにリボルビング払いにはデメリットもあります。
そのため、リボ払いのデメリットもしっかり理解したうえで、リボ払いを使いこなすようにしましょう。

Copyright (C) お得な支払い方法 All Rights Reserved.