学生でもクレジットカードは作れますか?

学生でもクレジットカードは作れます。
クレジットカードを作るには、安定した収入があることが条件となっているはずなのに、収入のない学生がクレジットカードを作れるのはなぜなのか、疑問に持っている方もいるでしょう。

学生は、特定の学校に所属していることで身分を証明できるため、クレジットカードを作ることができるのです。
ただし、学生がクレジットカードを申し込む場合、学生証や、パスポートや保険証のコピー、銀行口座の情報を記載した書類を提出しなければなりません。
学生は、簡単にクレジットカードを作れますが、やはり収入がないため、限度額は5万円〜20万円程度と低く設定されています。

カードを持ったら、自分は使い過ぎてしまうかもしれないと思っている方は、限度額を低く設定してもらうことができます。
ただし、カードを作るにあたっては、自分の口座に、カードの利用代金の引き落としができる程度のお金を入れておくことが条件とはなっています。

そして、カードを利用したら、返済をきちんと行うことが大切です。
もし、口座引き落とし不能になってしまうことがあると、将来、新たなクレジットカードが作れなくなったり、各種ローンを組めなくなることがありますので注意してください。

実は、新社会人よりも、学生の方が審査は緩めになっているため、簡単にクレジットカードを作れます。
クレジットカードの発行審査というのはこちらにかいてあるものです。
そのため、学生のうちにクレジットカードを作ることをお勧めします。
また、学生時代に使っていたクレジットカードを社会人になってからそのまま使用することもできます。

それから、学生向けのカードには、一般のカードよりも特典が充実していることも多くなっています。
例えば、ポイントの還元率が高めになっていたり、付帯の海外旅行保険の補償が手厚くなっていたり、年会費が無料などといった優待が受けられるものもあります。
また、携帯電話の料金や公共料金をカード払いにすれば、ポイントを効率よく貯めて、金券に交換することもできます。
そのため、生活必需品の支払いのためにクレジットカードを作る学生も多くなっています。

Copyright (C) お得な支払い方法 All Rights Reserved.