クレジットカードは何歳から作れますか?

クレジットカードを申し込むと、カード会社では申込者の属性を審査し、それをクリアした方のみにカードを発行しています。
この属性には年齢も含まれており、ほとんどのクレジットカードは18歳以上でないと作れません。
たとえ、収入があるとしても、18歳未満の方は、クレジットカードを作ることはできません。

また、中には、20歳以上でないと作れないクレジットカードもあります。
ちなみに、ゴールドカードは25歳以上の方のみが作れます。
ほとんどのクレジットカードは18歳以上であることが条件となっていますが、未成年者の場合、親権者の同意が必要となります。
そのため、未成年者や学生がクレジットカードを申し込む場合、申込書には親権者の署名と捺印が必要です。

20歳以上であれば、一般のクレジットカードを作ることができますが、安定した収入があることが条件となります。
正社員だけではなく、派遣社員やアルバイトの方でも収入があれば、審査に通過するでしょう。
ただし、無職の方や収入が不安定な方は、審査に通ることは難しいかもしれません。
比較的審査が甘くアルバイトやフリーターでも作れるクレジットカードというものもありますので、気になる方はこちらをご覧ください。

そして、誰もが憧れるゴールドカードは、25歳以上で一定の属性を持つ方が作ることができます。
しかし、ゴールドカードは定職を持っていて、一定の収入がなければ持てないと言われています。
もし、ゴールドカードを持ちたいと思っているのであれば、一般のカードを作り、クレジットカードの利用歴を積み重ね、十分に信用を得てから申し込むと良いでしょう。
なお、クレジットカードの利用実績を作ると、カード会社からゴールドカードの入会申込書が送られてくるようになります。 たくさん持っているから良いというわけではなく、クレジットカードは1人あたり2〜3枚がベストのようです。

それから、60歳以上になり、年金生活に入ると、クレジットカードを作ることは難しくなります。
ほとんどのカード会社では、クレジットカードの審査で上限を65歳〜70歳に設定しているためです。
ただし、会社役員や会社経営者であれば、年齢が高くても問題なくクレジットカードを作れるかもしれません。

Copyright (C) お得な支払い方法 All Rights Reserved.